本ページはプロモーションが含まれています

ナンガのダウンシュラフのたたみ方!【簡単収納】4つのポイント。

紐を締める画像

こんにちは、たじたじ(@tajitaji110)です。

このブログでは、キャンプを中心としたアウトドアに役立つノウハウや、ギアについて紹介しています。

今回は、

キャンパー

ナンガのダウンシュラフが袋に入らない!
たたみ方を教えて欲しい。

そんな悩みを解決していきます。

記事の内容:

  • ナンガのダウンシュラフについて
  • たたみ方を画像と動画で解説
  • 保管方法

*筆者の紹介

たじたじ

キャンプ歴2013年~
計100泊以上です

本記事では、ナンガのダウンシュラフの簡単なたたみ方を解説していきます。

最初に結論から言っちゃいますね。

たたみ方ってなってますが、実際は袋に均等になるように押し込んでいくだけです。

綺麗にたたんで収納するよりも、袋の中でダウンの圧力を分散できるのと、時間の短縮ができてストレスなく収納することが出来ます。

知らない方も意外と多いです↓

画像動画の解説をそれぞれ載せておきましたので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

それでは、本題に参りましょう。

目次

収納するシュラフについて

今回収納するシュラフは、私の使っているナンガのオーロラ600DX山渓モデルになります。

¥39,800 (2024/03/03 10:14時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

厳冬期用のシュラフではありませんが、冬キャンプの入門で使用するキャンパーさんも多い人気のダウンシュラフです。

冬キャンプで使った記事は↓

たたみ方

解説の前に、ポイントを先にお伝えしておきます。

<4つのポイント>

  1. 最初にしっかり空気を抜く
  2. シュラフの足側から袋に詰める
  3. たたむのではなく詰め込む
  4. 袋を回しながら詰めていく
たじたじ

それでは実際の作業をみていきましょう

広げた状態のシュラフを2つに折りたたみます。

STEP
折りたたんで空気を抜く

広げた状態のシュラフを2つに折りたたみます。

もう半分に折っていきます。

上に乗っかって空気を抜いていきます。

しっかり空気を抜いておくと、袋に詰める作業が非常に楽になります。

STEP
一旦広げる

空気がある程度抜けたら、一旦全体を広げて足側から袋に詰め込んでいきます。

時間が経過するとダウンが膨らんでくるので素早く詰め込みましょう。

STEP
袋に詰め込んでいく

詰め込み作業は、

袋を回しながら詰め込んでいくと、偏りが少なくてバランスよく出来上がります。

STEP
紐を締める

2カ所の紐を締めて完成です。

動画で視聴

動画も載せておきました↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次