本ページはプロモーションが含まれています

【作業時間15分】テントポールのゴム(ショックコード)を交換!

ショックコード写真

こんにちは、たじたじ(@tajitaji110)です。

このブログでは、キャンプを中心としたアウトドアに関するノウハウや、ギアについて紹介していきます。

今回は、

キャンパー

ポールを連結するゴムが切れそうだけど、交換ってどうやるの?

そんな質問にお答えしていきます。

記事の内容:

  • ショックコードについて
  • ショックコードの交換作業
  • 収納時のポイント

※筆者の紹介

たじたじ

キャンプ歴2013年~
計100泊以上です

数年同じテントを使用していると、ポールとポールを連結するコードが伸びて使い物にならなくなったり、コードが切れそうになってきます。

そんな時は、自分でコードを交換してみましょう。

思ったよりも簡単に出来るはずです。

そうは言っても、初めてだと連結するのコードの正体を知らない方もいらっしゃると思うので、実際に作業しながら解説していきたいと思います。

それでは、早速参りましょう。

欲しかった”逸品”に出会える【hinataストア】

目次

ショックコードについて

ポール同士を連結している伸縮性のコードはショックコードと言います。

ショックコードは消耗品になるので、いつかは交換が必要です。

(ワンポールテントなどのメインポールでワイヤーロープを使用している場合は、販売店かメーカーに問い合わせてください。)

ショックコードは、キャンプ場で切れてしまったら大変ですから、定期的に伸縮性の緩みや傷み具合などをチェックしておきましょう。

もしもの時の為に、

たじたじ

予備のショックコードを持ってキャンプに行くと安心ですね。

購入する際は、今現在使われている物と同じ太さを選ぶようにしてください。

テントを販売しているアウトドアショップやネットで販売しています。

もし太さが自分で確認できない時は、ショックコードの切れ端かポール本体を持ってお店に行きスタッフさんに確認しましょう。

ショックコードは色々なメーカーから販売されていて、今回私が使用するのはコールマンの「ポールリペアショックコード30m」になります。

また、ロゴスから販売されているショックコード30mも評判が良い商品になります。

コジマ楽天市場店
¥1,980 (2024/02/27 17:17時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

準備する物

最低限必要な道具

必要な道具

・ショックコード

交換用の新しいショックコード

・ハサミ

ショックコードの切断に使用

・ラジオペンチ

ポールの端に金具等があり挟んで引っ張ったりする場合や、ポールの中でコードが引っかかっているときなどに挟んで引っ張る時に使用。

あると便利な道具

あると便利な道具

・ガムテープ

ポールの番号を記載して順番に貼る

・ペン

番号を記載するのに使用


・テープ or クリップ

ショックコードが縮まないようにとめる為


・定規 or メジャー

ショックコードをカットする位置を決める時に使用


・細めのドライバー

ポールの中の土等が固まっていた場合に土を取り除くのに使用

交換作業

たじたじ

それでは交換作業を実際にやっていきます。

STEP
先端部分を揃える

ポールを伸ばし1本にして、ショックコードの先端部分を並べます。

STEP
カット

ポールの反対側の端の部分までショックコードを並べ、10cm~20cm手前でカットします。

STEP
留め具を外す

ポールの先端部分にある留め具を外します。

手で外せない場合はラジオペンチ等を使用してください。

また、稀に回すタイプもあるので注意しましょう。

STEP
古いコードをカット

ポールの中に入っている古くなったショックコードの先端部分を切断します。

STEP
取り出す

反対側のポールの先端部分からショックコードを取り出します。

先端部分に土が固まっている場合は、ドライバー等で土を取り除いてラジオペンチで引っ張ってあげると簡単に抜けます。

STEP
番号を記載

ポールの順番を間違えないようにガムテープに数字を書いてポール毎に貼り付けておきます。

ポールが連結していた順番を覚えておける方はやらなくても大丈夫です。

STEP
結ぶ

切断したショックコードの片方の端を結び目を作って留めます。

基本の結びは8の字結びです。

余った先端部分はカットしましょう。

STEP
順番通りコードを通す

結んだ反対側のショックコード先端をポールの元の順番通りに通していきます。

最後のポールを下の写真のように、テープかクリップで留めておくと作業しやすいです。

STEP
終了

最後のポールを通したら結び目を作って、留めていたクリップかテープを外して留め具を付けて終了です

たじたじ

作業終了です。
お疲れさまでした。

動画で視聴

簡単で解りやすい動画が有りましたので貼っておきます。

動画で視聴したい方は、参考にしてください。

ポール収納時のポイント

たじたじ

ショックコードを収納するときは、大事なポイントが1つあります。

ポールを袋に収納するときに連結されたポールを、端から折りたたんでいく光景をキャンプ場ではよく見かけます。

しかし、

端から折りたたんでいくと中のショックコードにかかる負荷が偏ってしまいます。

なので、最初に折りたたむ位置を下の写真のように中央付近にするだけで、ショックコードにかかる負荷を分散することができます。

ポールの折る位置

特に難しい作業ではないので、今まで端から折りたたんでいたキャンパーさんは是非試してみてください。

また、

たじたじ

テントも長持ちさせるコツがあるので、下記の記事を参考にしてください。

まとめ

ポールの中に通っているショックコードは消耗品なので、切れる前に交換しましょう。

交換作業は1本のポールのショックコードを交換するのに最初は15分くらい必要になりますが、慣れてくればもっと早く交換できるようになります。

また、ポール収納時に最初に折り曲げる位置を中央付近にすることで、ショックコードの負荷を分散させることが出来るので長く使用する事が可能です。

ショックコードの交換で余った分は、キャンプに持って行くようにして緊急時にも対応できるようにしておきましょう。

また、椅子の補修の記事については↓

以上 最後までお付き合いありがとうございました。

今回使用したショックコード

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次