本ページはプロモーションが含まれています

スマホで忘れ物を簡単レ点チェック!キャンプに必要な物を最終点検

チェックリスト活用画像

こんにちは、たじたじ(@tajitaji110)です。

このブログでは、キャンプを中心としたアウトドアに役立つノウハウや、ギアを紹介していきます。

今回は、

キャンパー

今度キャンプに行くけど忘れ物がないか心配。

そんなキャンパーさんの悩みを解決していきます。

記事の内容:

  • キャンプの項目別チェックリスト
  • スマホで簡単レ点チェック
  • 印刷可能なチェックシート

※筆者の紹介

たじたじ

キャンプ歴2013年~
計100泊以上です

初めてのキャンプの時は、他の人のブログからチェックシートを印刷して奥さんと二人でレ点チェックをしてました。

スマホでチェック出来たらいいのになと思っていたので、自身のキャンプ経験から項目別にチェックリストを作成しております。

スマホでタップして直接レ点チェック出来るので、ぜひ活用してください。

それでは、項目別にチェックしていきましょう。

欲しかった”逸品”に出会える【hinataストア】

目次

項目別チェックリスト(直接入力可)

テント・サイト関連

テント

たじたじ

ポールが別の袋に入っている場合は、置き忘れに注意です。

タープ&ポール

雨避けや日差しを遮るために必要になります。

遮光性の高いタープがおすすめ。

グランドシート

地面の凹凸からテントを保護する。

インナーマット

インナーテントの内側を保護。

銀マットについて詳しくは↓

 テントマット

冷気の遮断とクッションの役割をします。

たじたじ

冬はR値の高いマットにしましょう。

シュラフ(寝袋)

これから始めるなら、3シーズン用がおすすめです。

ペグ・ハンマー

テントやタープを固定する道具になります。

ペグは鍛造30cmくらいの長さがあると安心です。

ランタン

¥4,180 (2024/04/08 22:51時点 | 楽天市場調べ)

1人→2個、4人→3個以上が目安。

ランタンの記事は↓

ランタンポール(スタンド)

ランタンを吊り下げるのに使います。

テーブル

たじたじ

テーブルは高さが調整できると非常に便利です。

 イス

コンパクトに持ち運びができるヘリノックスがおすすめです。

コット

 地面で寝るのが苦手だと必要です。

アウトドアワゴン

サイトから駐車場が遠い時に便利です。

料理関連

 バーナー(コンロ)

家庭用のガスコンロでもOK。

ガス缶

YOCABITO 楽天市場店
¥1,100 (2022/12/21 21:42時点 | 楽天市場調べ)

 予備を1つ余分に持って行く。

 料理道具

包丁、まな板、鍋、菜箸、お玉等

調味料

塩、コショウ、油、しょうゆ等

食器類

お皿、箸、スプーン等

ジャグ・スタンド

毎回、炊事場に水を汲みに行くのは大変なので用意しましょう。

ゴミ袋

多めに持って行くと役に立ちます。

洗剤・スポンジ

エコ洗剤が◎。

 キッチンペーパー

あると便利なので持って行きましょう。

 保冷剤

ロゴスの氷点下パックが保冷力が高くおすすめです。

 食材・飲み物

水分は多めに持って行きましょう。

 クーラーボックス

人数等を考慮して適正サイズを確認してから購入しましょう。

適正サイズについて詳しくは↓

焚火関連

 焚火台

たじたじ

煙が気になる方は二次燃焼の焚火台がおすすめ。

 薪・炭

キャンプ場の売店に無い場合もあるので、多めに用意しましょう。

ライター(点火器具)

ナチュラム 楽天市場支店
¥2,420 (2023/03/06 08:45時点 | 楽天市場調べ)

予備もあると安心です。

 軍手・トング・耐熱グローブ

火傷やケガの予防のため必要です。

着火剤

固形の着火剤が使いやすいのでおすすめです。

小物類・その他

ティッシュ類

ティッシュ、ウェットティッシュ等

 着替え

子供たちの着替えは多めに。

 タオル

多めにあると色々と役に立ちます。

虫よけ

虫よけグッズを組み合わせて使って、効果アップしましょう。

 救急セット

風邪薬、頭痛薬、絆創膏、虫刺され等

 懐中電灯

ランタンとは別であると便利です。

 トイレットペーパー

念のため持って行きましょう。

 レジャーシート

荷物の積み下ろしの時に使います。

 予備電池

ランタン、懐中電灯などの予備。

 カメラ

カメラの充電も確認しておいてください。

モバイルバッテリー

あると便利なので、持って行きましょう。

雨具

たじたじ

特に山間部では、急な雨はよくあります

冬キャンプ編

 暖房器具

*基本的にテント内での火気の使用は禁止されているので、自己責任でお願いします。

 カイロ

冬キャンプは多めに用意しましょう。

 湯たんぽ・カバー

低温やけどに注意してください。

一酸化炭素チェッカー

ストーブ使用の場合は2つ以上必須

CAMP NOTEを使う

私の作ったチェックシートも人によっては、必要な項目が抜けていたり、不要な項目が入っていたりと使いにくいと感じるキャンパーさんもいるかと思います。

そんな場合におすすめなのが、「CAMP NOTE」という無料のアプリです。

自分好みのギアを管理したり、自分用のチェックシートも簡単に作ることが出来るので非常に便利です。

参考記事:

まとめ

100点満点のチェックリストではないので、随時修正・追加はしていきますが一般的なキャンプに必要な物は網羅されていますので安心して使って下さい。

キャンプの準備は大変ですが、時間に余裕をもって楽しくやっていきましょう

忘れ物をなくすことで、トラブルや時間のロスを減らすことが出来るのでチェックリストを上手く活用して楽しいキャンプにお出かけください。

また、冬用シュラフについては↓

以上 最後までお付き合いありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次