本ページはプロモーションが含まれています

人気の秘密は?Goal Zero(ゴールゼロ)ランタンの使い方!

ゴールゼロの写真

こんにちは、たじたじ(@tajitaji110)です。

このブログでは、キャンプを中心としたアウトドアに役立つノウハウや、ギアについて紹介しています。

今回は

キャンパー

人気だけどそんなに良いの?
Goal Zero(ゴールゼロ)のLEDランタンについて教えて!

そんな質問にお答えしていきます。

記事の内容:

  • Goal Zero/Lighthouse Microとは
  • 使い方
  • メリット/デメリット

*筆者の紹介

たじたじ

キャンプ歴2013年~
計100泊以上です

登山を始めた時に、

テント泊用に購入したGoal ZeroのLEDランタンが優秀過ぎるので紹介していきます。

3年程使用しましたが、今のところ故障等することなくオートキャンプでも活躍しているので、ランタンをお探しのキャンパーさん、登山家のみなさんはぜひ最後まで読んでいって下さい。

それでは、さっそく本題に参りましょう。

欲しかった”逸品”に出会える【hinataストア】

目次

Goal Zero/Lighthouse Microtohaとは

Lighthouse Microとは、Goal Zeroという会社が開発したコンパクトなLEDランタンの事です。

Goal Zero(ゴールゼロ)社は、企業家のRobert Workman氏が自身の事業で成功を収めた後に、アフリカのコンゴでNPOとして活動した際に住民が電気のない生活をしている所を目の当たりにし、電気を使えない貧困層をなくすことを理念として、2008年に米国ユタ州で設立されました。

引用元:Goal Zero ゴールゼロ 国内正規代理店 | 株式会社アスク (ask-corp.jp)

製品のスペック

Lighthouse Micro
出力最大150ルーメン
充電USB
連続使用時間の目安7~170時間
充電時間の目安3.5時間
重量68g
サイズ約93×37.75mm

使い方

デモモードの解除

本製品の出荷時はデモモードに設定されており、数秒で消灯します。一度、USBで充電を行うことでデモモードが解除され、通常モードとしてお使いいただけます。
引用元:Lighthouse Micro | Goal Zero コンパクトLEDランタン | 株式会社アスク (ask-corp.jp)

USBポートが無い場合は、ON/OFFボタンを5回押した後に、6回目を長押しすると解除されます。

たじたじ

これで初期設定の解除完了です

充電

ソケットを起こす

本体下の部分にUSBコネクタが収納されているので、起こして充電します。

未使用保管期間:3ヶ月に1回は必ず充電してください。

たじたじ

取り扱い説明書に、上記のような記載があるので注意しましょう。

点灯スイッチ確認

点灯スイッチ写真

写真の赤丸部分の黄緑色のボタンが点灯スイッチになります。

点灯スイッチON

たじたじ

少し押しにくいのが難点です

1回押すと↓

1回押した写真

2回押すと↓

2回押した写真

ボタン1つで明るさの調整が出来ます。

メリット/デメリット

メリットデメリット
残量が確認できる
明るい
コンパクト
耐水性
コスパが良い
カスタムできる
×入手困難
×使用温度域
×吊り下げ式

メリット

バッテリー残量が確認できる

バッテリー残量の確認

写真の青いランプが充電の残量で、満タンの状態だと青いランプが4つ点灯します。

電池式のLEDランタンは残量を確認できないため、非常に大きなメリットです。

明るい

最大150ルーメンなので、テント内を照らす光量としては充分です。

ルーメンについて詳しい説明は↓

4人用のインナーテントであっても、

たじたじ

1つで余裕の明るさです。

他社の類似品との比較↓

ただし、

大型の2ルームでリビングスペースとインナーテント内を照らすときは、2つあった方が良いと思います。

コンパクト

ペットボトルと大きさの比較

コンパクトなため、キャンプ用品が溢れかえって毎回のように荷物の取捨選択に迫られているキャンパーさんにおすすめです。

また、重量も68gと軽量なので登山の時にも使用できます。

耐水性

耐水性に優れているので、少々濡れても問題ありません。

ちなみに、電気製品の防水・防塵性能を表すIPコードは「IPX6」となっています。

防水性能の等級については↓

防水性能は0~8の9等級
引用元:【解説】防水・防塵性能を表すIPコードって? 規格の読み方やスマホ使用時の注意点などを説明します – ITをもっと身近に。ソフトバンクニュース (softbank.jp)

もちろん機械なので限度はあります。

たじたじ

注意して使いましょう。

コストパフォーマンスが高い

充電式なので、電池の買い替えなどのコストを抑えることが出来ます。

キャンプの回数が多いキャンパーさんにとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

3.5時間の充電で満タンになって、連続使用時間が7時間~170時間あるので、電気代も安く済みます。

カスタムできる

人気のランタンなので、カスタムパーツが数多く発売されています。

シェードを取り付けると↓

シェードの購入については↓

ワンオブアカインド 楽天市場店
¥1,580 (2024/02/28 00:53時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

デメリット

人気過ぎて入手困難

一時期の品切れ状態は緩和されつつありますが、まだどのお店も入荷とすぐに売り切れているような状態で、なかなか手に入れるのが難しくなっています。

最近ではホームセンターなどで、入手しているキャンパーさんもいるので近場で探しに行ってみましょう。

ネットだと価格が高騰しているので、値段には気を付けてください。

使用温度域

メーカーさんの推奨使用温度域は、0℃~40℃となっているので注意が必要です。

ちなみに、私は使用温度域を知らずに雪山にもって行ってしまいましたが、問題なく使用することは出来ました。

ですが、使用温度域外での使用は自己責任でお願いします。

吊り下げ用ハンガー

カラビナを装着

本体には吊り下げ用ハンガーが付いていますが、使いにくいのでキャンプ等で使用される場合には、写真のようにカラビナをかけておくと良いでしょう。

FLASHとの違い

2種類のゴールゼロ

Lighthouse Microは点灯モードの切り替えが2つなのに対し、Lighthouse Micro Flashは点灯モードの切り替えが3つあります。

Flashは本体上部からの点灯で、懐中電灯としても利用可能になっています。

こんな感じですね↓

懐中電灯として使用した画像
たじたじ

価格はFlashの方が1,000円以上高いです。

FLASHのみ別注カラーが登場

別注カラーの写真

2022年11月2日から、カーキとベージュの日本限定の別注カラーが発売開始。

取り扱い店舗も限られているので注意しましょう。

FLASHの注意点

FLASHは点灯ボタンを1回押すと、懐中電灯の部分が光るので直視しているとかなり眩しいです。

スイッチとライトの位置

スイッチを押すときは、

たじたじ

目線を外してからボタンを押しましょう。

まとめ

<使い方>

  1. デモモードの解除
  2. 本体の充電をする
  3. 点灯スイッチをONにする

Goal Zero/Lighthouse Microtohaは、はっきり言って「コスパ最強」です。

なので、LEDランタンをお探しのキャンパーさんには、購入することをおすすめします。

たじたじ

迷っているなら購入あるのみです。

ジェントスと比較した記事は↓

以上 最後までお付き合いありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次