本ページはプロモーションが含まれています

【デジタルデトックスに挑戦】キャンプで24時間「スマホ断ち」!

キャンプの風景

こんにちは、たじたじ(@tajitaji110)です。

このブログでは、キャンプを中心としたアウトドアに役立つノウハウや、ギアについて紹介しています。

今回は

質問者さん

デジタルデトックスって何?
詳しく教えて欲しい!

そんな質問にお答えしていきます。

記事の内容:

  • デジタルでトックスとは
  • 実際にキャンプで体験
  • 注意点
この記事を書いた人
たじたじ

<プロフィール>

  • キャンプ歴2013年~
  • 冬キャンプ & 焚火好き
  • テント泊計100泊以上

ファミリーキャンプでチャレンジした、デジタルデトックス体験を紹介していきたいと思います。

最近は、家族でキャンプ場に行っても、自分を含めて携帯電話に夢中で会話も少ない。

なんだか少し寂しい気持ちがあったので、昔ラジオで言っていた「デジタルデトックス」を思い出して、さっそく1泊2日のキャンプで決行してきました。

結果から先にお伝えすると

  • 自然を感じられる
  • コミュニケーションが増える

キャンプを始めた頃のような、新鮮でワクワクした気持ちを思い出すことが出来て、とても有意義な時間でした。

やり方は非常に簡単なので、ぜひ最後まで読んでもらって機会があれば試してみて下さい。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に参りましょう。

欲しかった”逸品”に出会える【hinataストア】

目次

デジタルデトックス

キャンプでスマホの写真

まずは、あまり馴染みのない「デジタルデトックス」について触れておきましょう。

デジタルデトックスについて

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。
引用元:デジタルデトックスとは? | DIGITAL DETOX JAPAN

1日のうち数時間でもスマホやパソコンを触らない時間をつくる」。

それだけで、デジタルデトックスになります。

例えば

  • 寝る前の2時間はスマホを触らない
  • 食事中はスマホを触らない

などもデジタルデトックスに当てはまるそうです。

効果

デジタルデトックスの効果で一般的に言われているのは、ストレスや疲労の軽減睡眠の質の向上新しい発見や気づき、などが挙げられています。

ですが、

効果は一時的なものもあり、根本的な解決にはならない点は理解しておきましょう。

実際のキャンプで体験

焚火で肉を焼く風景

やり方(制限時間)

やり方は至ってシンプルで、

自宅にスマホを置いてキャンプに行くだけの簡単な方法になります。

但し、緊急時用に1台だけ電源を切った状態のスマホを車に積んでいく事にしました。

時間的には、土曜日の13時~日曜日の13時のちょうど24時間「デジタルデトックス」していたことになります。

たじたじ

初チャレンジにしては結構長い方だと思います。

奥さんの反応

奥さんにデジタルデトックスの話をしたら

奥さん

なんで?
どうしたの急に?

と、ビックリしていましたが、子供たちも一緒にやる事を伝えると快くOK。

キャンプ中は、スマホのカメラ機能向上でめっきり出番の少なくなった、「一眼レフカメラ」で写真をたくさん撮って楽しく過ごしていました。

一眼レフカメラの良さを再認識したみたいです。

夜の焚火の時間も、普段飲まないお酒を夫婦で飲みながら満喫。

子供たちの反応

中学生と小学生の娘2人にも今回のキャンプは「スマホを持って行かないよ」と伝えると。

なんで?」「何するの?」「車で音楽は?」等々のブーイングを浴びましたが、パパとママもスマホ使わないからと伝えると渋々OKしてくれました。

お手伝い

現地に着くと、最近はイスを広げてスマホかゲームに夢中でしたが、今回はなんと子供達から「何か手伝おうか?」と言って設営に参加してくれました。

いつもは

奥さん

ちょっと、ゲームばっかりやってないで手伝ってよ

と、連呼している奥さんも上機嫌でしたね。

遊び

キャンプ道具の木箱の中でずっと眠っていたトランプを引っ張り出してきて、家族でトランプゲームで盛り上がったので、「UNO」も持って行けばよかったです。

¥964 (2024/02/27 15:25時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
たじたじ

最近流行ってる「モルック」なんかも楽しそうですね。

¥4,749 (2024/02/27 15:25時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

散歩

珍しく朝の散歩にも付いてきました。

キャンプの朝は奥さんとキャンプ場を散歩してますが、夜の段階から子供たちも「散歩に付いてくから朝起こしてね」と言いながら寝ていきました。

たじたじ

いざ早朝に起こすと不機嫌でしたけどね(笑)

注意点

ポイントの写真

キャンプ場の確認

車のナビが古い場合や、スマホのナビを活用している場合は、必ず出発前に道順やキャンプ場の正確な位置を確認しておきましょう。

最近は新しいキャンプ場が増えているので、古いナビだと登録されていない可能性も有ります。

お金の準備

道中の買い物やキャンプ場でのスマホ決済が出来ないので、お金の準備は多めにしておきましょう。

途中でコンビニに立ち寄りましたが、

たじたじ

最近は、コンビニでお金を払うことが少なくなっているのを実感しました。

万が一に備える

事件、事故等に巻き込まれる可能性も0ではないので、電源を切ったスマホを1台持って行くことをおすすめします。

手の届かないところで、離して管理しておくと良いでしょう。

まとめ

たったの24時間の「デジタルデトックス」でしたが、すごく有意義な時間を過ごせました。

とくに、

たじたじ

子供達の行動の変化にはビックリです!

ぜひ、機会があればチャレンジしてみてください。

きっと新しい発見が待っています!

キャンプのイスをお探しの方は↓

以上 最後までお付き合いありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次